【あさイチ】捨てる物活用法 プロが教える豆苗再生栽培4つのコツ

あさイチ

豆苗再生栽培

NHK「あさイチ」捨ててしまいがちなもの活用方法SP

 

豆苗生産販売会社に務める麻生周一郎さんが「豆苗の再生栽培のコツ」を伝授。

 

 

右は、麻生さんが育てたもの

左2つは、阿佐ヶ谷姉妹が育てたもの

 

ただ、水につければいいってもんじゃないようです。

育て方のポイントをおさえて
栽培するのと、しないのとでは、育ち方に差が!

せっかく作るなら立派に育てたいですよね。

育て方には4つのコツがあるようです。

 

 

容器

豆苗の成長に大事なのは水!

容器が小さいと入る水の量も少なくなる。

 

指が1本入るくらいの容器がオススメ。

 

 

 

水の量

豆苗が育つにつれ、水をどんどん吸い上げていくので、ある程度の水の量があったほうが豆苗の成長にはいい。

 

 

 

水の量は豆の下まで。

 

豆が水に浸ってしまうとカビの原因に!

*水換えは、1日1回(夏場は1日2回)

水は継ぎ足すのではなく、必ず新しい水を入れ替える。

 

 

日当たり

豆苗の成長に必要なのが水と日の光明るさ

 

明るい窓際で育てる

 

 

最初に切る位置

豆苗の再収穫の最大のポイントは切る位置

 

豆から3㎝上で切る。(わき芽を残す)

 

わき芽が伸びていき、大きく育ちます。

 

上のわき芽と下のわき芽では成長の速度が違う。

上の方が早く伸びる。

早く収穫を楽しみたい、早く2回目を食べたい時は、上のわき芽を残した方が早く伸びる。

 

 

 

その他のコツ

逆さにして落ちた豆は取り除く

豆苗を持って逆さに振ると豆が落ちてきます。

 

この落ちてきた豆は、水につけても目が出てこない。

こういった豆が水につかっていると傷んで、他の豆苗にも悪さをする。

 

 

成長の早い芽は摘む

早く成長している芽を放っておくとかたくなる。

先に伸びた豆苗は取って、捨てずに味噌汁の上に載せるなどしてきちんと食べてください。

 

 

注意事項

*根元がヌルヌルしていたら、流水で優しく洗ってください。

*水の減りが早いようであれば、大きめの容器に移して水の量を増やしてください。

 

 

記事がお役に立ちましたらクリックして頂けると嬉しいです🤗

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました