拳銃自殺15才少年の父親の素顔 高卒で外務省 万引きで退職?

事件

日本で拳銃自殺!

それも15才の少年が!

衝撃的なニュースだった。

事件の内容が少しずつ明るみになってきている。

 

拳銃自殺15才少年の父親の素顔

 

『少年の父親は、元外務省職員で数年前に病死』

だけがわかっていた。

 

父親のFacebook

父親のフェイスブックのアカウントが残されていた。

出身:広島県尾道市

出身高校:千葉県内の高校

12年に外務省を退職。

自営業で新しい仕事をスタート。

 

親の転勤かなんかで千葉に移り住んだのだろうか?

Facebookの投稿が少しずつ明かされるのか?

 

高卒で外務省入り

親族の話によると

高校卒業後に外務省に入り。

職員として働きながら日大法学部の新聞学科の夜間に通い、卒業

 

高卒で外務省入りできるの?

国家公務員一般職高卒者試験からの採用があるようです。

毎年、50人ほどが採用されているようです。

 

父親の仕事内容

外務省関係者によると

彼は会計や庶務を担当する『III種』の採用。

入省後、メキシコに赴任しているのは、『日墨プログラム』に参加したのでしょう。

III種採用の人にスペイン語を学んでもらうプログラムです。

フランス大使館、ブルガリア大使館、アルゼンチン大使館などで勤務し2004年に帰国。

 

 

万引きで外務省を退職

親族の話によると

外務省を辞めたのは、万引きがバレたから、と聞いています。

自分から退職すれば問題にしない、と外務省側から言われ、退職することになった。

それで、運送関係の仕事を自分で始めたそうです。

ちなみに外務省時代から、休みの日は自宅の自分の部屋にこもり切りで子供の世話などはあまりやらない父親だったと聞いています。

 

2018年:運送業を始めた6年後に脳梗塞で言語障害が残る。

2019年1月:事件が起きた八王子に引っ越し。

 

 

 

拳銃はやはり父親ルート?

「アルゼンチン赴任時代に護身用で拳銃を持っていた。」と母親が話しています。

 

憶測

親戚の間では、父親が赴任先から持ち帰ったのでは?と

 

『事件当時、家には母親だけではなく、少年とは年の離れた姉もいた。2人のうちのどちらかが少年の体をベッドに移動させており、拳銃はその枕元に置いてあった。』

息子の自殺現場を見て、体をベッドに移動? 拳銃を枕元に?

そんな余裕があるのか?

 

 

休みの日には部屋にこもり、子どもの世話をあまりしない父親。

あれだけの数の銃等の存在に気づかない母親。

家族間に距離があるように思える。

 

 

巷の声

外交官が拳銃と大量の弾丸を密輸なんて前代未聞の大不祥事じゃないか。

徹底的に捜査するべき。

 

外務省職員でも拳銃の所持は普通に違法では?

日本国内で一般の銃の所持認められてるの猟銃だけで、それもかなり厳重な管理と警察署の監査と許可証が必要なんだが

 

拳銃携帯できる公務員でも自宅で管理許される事なんてそうそうないよな・・?

これかなり大ごとになるかもしれんな

 

海外勤務時代に買ったものを外交官特権でセキュリティパスして持ち込んだ・・・・・にしては弾薬多いよなぁ

 

 

 

 

外務省職員、万引き

年数が違うので少年の父親ではないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

記事がお役に立ちましたらクリックして頂けると嬉しいです🤗

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました