CMドラマ最注目女優「いとしのニーナ」ヒロイン堀田真由とは?

トレンド

CMドラマ最注目女優堀田真由

 

 

新人女優たちが憧れる「ゼクシィCMガール」

 

夢が叶い、13代目CMガールに選ばれた堀田真由さん。

 

女優に憧れ、2015年公開の「ソロモンの偽証」のオーディションを受ける。

 

最終選考まで残るが落選

 

アミューズ新人発掘イベント「オーディションフェス2014」で3万2214人の中からWOWOWドラマ賞を受賞

 

NHK朝ドラは「わろてんか」に続き「エール」にも出演。

 

主人公裕一の初恋の相手役では、裕一を惑わし、引きつけておきながら罵声を放つ豹変シーンはネットでも話題となりました。

 

「いとしのニーナ」ヒロイン

人気コミック『いとしのニーナ』がドラマ化されFOD配信されます。

 

主演、岡田健史さん、ヒロイン・ニーナを演じるのが堀田真由さんです。

 

 

 

 

堀田真由プロフィール

生年月日:1998年4月2日(22歳)

出身地:滋賀県

身長:159cm

特技:バレエ

所属:アミューズ

 

主なテレビドラマ

2015年、仲里依紗が主演のWOWOW連続ドラマW『テミスの求刑』で、仲の妹の役でデビュー。

 

2017年度後期のNHK連続テレビ小説『わろてんか』で、主人公・藤岡てんの妹・りんの役を演じる。

 

『チア☆ダン』

『3年A組-今から皆さんは、人質です-』

『恋はつづくよどこまでも』

 

主な映画

 

『虹色デイズ』

『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』

 

雑誌

2020年、女性ファッション誌『non-no』専属モデルに起用。

 

CM

  • 任天堂
  • ミサワホーム
  • Honda花王
  • AOKI
  •  P&G
  • 味の素
  •  クノール
  • 富士フイルム 
  • アサヒグループ食品 
  • MINTIA
  • コクーンシティ
  • 株式会社パブレ
  • JCOM 

 

6歳から10年間、宝塚に憧れクラッシックバレエを続ける。

 

中学生の時にファッション雑誌をみてファッションに興味をもつようになる。

 

バレエは動きで表現するが言葉で表現するとはどんなんだろうと興味が女優に変わる。

 

思春期ならではのフラフラですね。

 

 

インタビュー

いつも気をつけていることは?

演じる相手と共有しておいた方がいいんだろうなってことはちゃんと話すようにしています。

 

憧れの俳優さんは?

 

事務所の先輩の富田靖子さんです。

 

自分自身が泣く芝居にプレッシャーに感じる時期があって、考えすぎてしまってなかなか自分の思うようにいけない時期に入ってた時に丁度、靖子さんの娘役でご一緒させて頂くことがありました。

 

初めてスクリーンデビューの時も富田さんとご一緒させて頂いたんですけど・・・

 

親子の役の時に相談したんです。

 

先輩に相談っていうのが靖子さんが初めてでした。

 

その時、本当に素敵な言葉をかけてくださって、その時頂いた言葉は今でもお守りのようにあるので・・・靖子さんみたいになりたいなあって思います。

 

 

富田靖子さんが「私だって泣けない時は泣けないよ〜」ってすらっと言ってくださった。

 

 

簡単な言葉かもしれないですけど、あんなにも素敵な作品を残される役者さんでも泣けない日は泣けない!って人間らしいな〜って

 

泣けないからいけないんじゃなくて、凄く肯定された気がして、気を負わずに泣けない時は泣けない、出来ないものは出来ないって思っていくようにしたら意外と考えなかったら出来たりとかするので・・・

 

出来なかったらもう一回やらせてください!って気負わなくなりました。

 

 

課題に感じていることは?

 

個性のある役をやらせていただくことが多くて、自分にとっても強みだな〜って思っています。

 

ナチュラルな等身大の役をあまりやってないのでこっちの役の方が難しんだろうなと思ってて、自分にどこか近い部分を出しちゃいそうで、そういう役が来た時に自分じゃない他人として演じられるかです。

 

 



 

 

自分の強みは?

 

自分でいうのもあれですけど、結構人間観察したりします。

 

役に生かすためっていうのもありますけど、勝手に喋ってない時でも・・・多分この人こういう風に言ってるだろうな〜とかの心のモノローグが自分の中に多い。

 

無言でいる方に勝手にアテレコしたりとか、こういう風に思ってるんだろうな〜とか心の中を覗いたり、考えたりするのが好きです。

 

割と周りをみている方だと思います。

 

勝手に物語とかを作ったりするのは好き。

 

作文書くのは好き。

 

物語についての感想とかはいくらでも書けます。

 

物事を考えるのは好きなんですけど、それが逆に考えすぎて良くないなって思うこともあります。

 

この仕事をやる上ではプラスになっていると思います。

 

 

やってみたい、行ってみたいツーリングは?

 

滋賀県出身なので、琵琶湖の周りをツーリング出来たら気持ちいいんだろうな〜

 

サイクリングとか学生の時、卒業するタイミングで一度は滋賀県民は琵琶湖を周る!みたいなのがあるんですけど、高校生の時に東京に出て来たのでそれを果たすことが出来なかった。

 

お芝居やってて楽しい時、辛い時は?

 

(役は)自分じゃない人生なので、楽しいと思えることが少ない。

 

苦しいな〜辛いな〜って思いながらいかにそれを少なく出来るかって作業をしながら現場では望んでいます。

 

その中であっこれ来たな!って瞬間が周りの雰囲気だったり、監督の言葉であっこれだ!っていう瞬間に立ち会えた時はこの仕事しててよかったな〜って思います。

 

映画「殺さない彼と死なない彼女」では時間をかけて作るってことが出来た作品だった。

 

何時間も何テイクもする中で役と自分がピタッと合う瞬間があって、それを監督が待ってくださった。

 

「テイクを重ねていくうちにいいものを出していって、とんでもない物をいきなり出すんだよ!」って監督が言ってくださったのがとても嬉しかった。

 

 

性格

 

負けず嫌い

 

ソロモンの偽証のオーディションの最終選考で落選。

 

他からのスカウトがあったがそれを断りアミューズ新人発掘イベント「オーディションフェス2014」に応募。

 

 

まとめ

 

彼女のインスタもフォロワー32.6万人

 

ファッションセンスの良さが女子から評判のようです。

 

快進撃が止まらない堀田真由さん。

 

引っ張りだこ!

 

更なるブレイクは間違いなしでしょう。

 

 

 

堀田真由さんのことを賀来賢人さんが
「僕のタイプにドンピシャ!」って・・・

 

あらあらそんな事言っていいんですか〜

 

 

コロナ感染拡大防止で自宅待機中の今、堀田真由さんは「縄跳び500回」を日課にしているそうです。

 

小さい時から縄跳びは得意だったそうで、小学校の大会で1位を取ったこともあるそうです。

 

記事がお役に立ちましたらクリックして頂けると嬉しいです🤗

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました