スター御手洗(古川雄大)の素顔 ミュージカルスターになるまで

トレンド

古川雄大さん、大吉さん似?

 

現在放送中の連続テレビ小説『エール』で、少々クセのあるスター御手洗を演じている古川雄(ふるかわゆうた)さんが、『あさイチ』で素顔の自分を語ってくれました。

 

古川さんと大吉さん、似てないですか?

髪型も寄ってるし・・・

 

 

プロフィール

出身:長野県上高井郡高山村

生年月日:1987年7月9日

身長:182㎝

事務所:研音

プリンス佐藤(山崎育三郎)は、事務所の先輩。

 

デビューまで

幼い時は、今とは真逆のヤンチャでリーダーシップのある子だった。

 

中学生の時に、音楽番組を見て、カッコよく踊ってるバックダンサーに憧れた

ヒップホップを習いたくて、電話して入会。

やっているうちに薄々違う所に来ちゃったかな???

ジャズダンス教室だった。

それでもジャズダンスの魅力に引き込まれていったそうです。

 

中学生

 

ダンスの先生

お母様と2人で来られました。

 

お母様も雄大くんも綺麗ですらっとしていて

 

「何かただ者ではないな」という感じがしました。

 

「何かなるんじゃないの」って予感がしました。

 

高校生

 

バイトもしながら高校卒業までの5年間、週5〜6日、片道50分かけて通った。

 

ダンスの先生

彼はいつも爽やかで

 

風のようにすーっと入って来て

 

自分に向き合ってひたすら練習。

 

レッスンもほとんど休んでないです。

 

体は正直少し硬かった。

 

リズム感はすごくありました。

 

発表会では、毎年毎年、

 

見せ方だったり

 

技術やオーラが増して来て

 

他の生徒たちも「雄大くんカッコいい!」って

 

すごい盛り上がってました。

 

腰パンはやめて欲しかったんですけど、ファッションの最先端なのでね〜

 

「これがかっこいいんだ」って譲らなかったですね。

 

 

 

 

 

高校卒業後は、1年間だけ大型テーマパーク(ディズニーシー)でダンサーとして働いた

 

 

20歳の時に、ミュージカル『テニスの王子様』に出演。

 

24歳、『エリザベート』に出演。

2012、2015、2016年と3回ルドルフを演じた。

 

 

古川雄大
古川雄大

ルドルフは、出番が20分しかない役ですが、20分間主役になれる凄く光る役を頂けた。

 

ミュージカルの世界をより深く知れた。

 

ターニングポイントになった作品。

 

声楽のレッスンというものをしてこなかったので、一流の現場に入った時に周りとの差に愕然とした。

 

歌い込めば歌い込むほど、上手くなるものだと思い込んでいた。

 

それで、喉を痛めたりもした。

 

ミュージカル界の大スター山口祐一郎さんとデュエットの稽古中、途中で歌えなくなってその場から逃げ出したこともあった。

 

誰もいない所で号泣しました。

 

15分後、戻ったら山口祐一郎さんが「大丈夫だよ。」と

 

周りの方々にも支えられた。

 

 

演出家
小池修一郎

最初にルドルフをやった時は、結果として見ると

 

辛うじて走り高跳びでバーに触れたんだけれど、バーはボヨヨンとなったけれど

 

「あ〜バーは落ちなかったな」

 

「お〜セーフ」みたいなところがあった。

 

ルドルフはトリプルキャスト。

 

他の2人は現場に溶け込もうと一生懸命している感じだった。

 

古川くんは、頑なにシャイと言えば簡単なことだが、あまり人と交わろうとしないように見えた。

 

自分は3人の中で後れを取っていると思ったらしく、何とか追いつけ追い越せ、ひとりがむしゃらに頑張ろうというところだったと思う。

 

 

 

 

 

30歳、『モーツアルト』に出演

 

 

31歳、『ロミオとジュリエット』に出演

 

2019年、菊田一夫演劇賞受賞

 

演出家
小池修一郎

かなりな数の歌の先生についたと思う。

 

発声とかいろんなやり方をしただろうし、そうやってやったことの積み重ねが、彼の中に残っていったものが貯金じゃないが蓄積されたと思う。

 

トントン拍子とは言わないけれども、着実に階段を上っていったんだと思う。

 

私の父が彼と同じ長野出身なので、『長野県人だな』と凄く思う。

 

それはある種の朴とつさと純粋であるからやや意固地に思えてしまう。

 

器用じゃない。

 

パッパッとあれやってこれやってとこなすタイプではないけれども、粘り強いというか根気強い。

 

これは彼のひとつの武器です。

 

 

古川雄大
古川雄大

いろんな方にレッスンを受けたんですけれども

 

頭で考えようとしてしまう自分がいて

 

どうしてもわからなくて

 

別の先生、別の先生となってしまった。

 

最後に出会った先生がとてもわかりやすい先生で、大きなきっかけだった。

 

 

 

長野に帰ったら食べたい『馬肉うどん

古川さんが、上田のレッスン場に行く時は必ず寄っていた『中村屋』

 

こだわり

 

古川雄大
古川雄大

朝を食べないこともあったりした。

 

なので好きなものを食べて、なるべく3食食べるように心がけている。

 

コゲが好きなんです。

 

わざと焦がしたりします。

 

昼は、味の濃いものは入らないので『塩むすび』だけ

 

コロッケが大好きで、中にゆで卵が潰して入っているのが大好き。

 

甘いものも大好き。

 

パンケーキが好きで、特に生クリームが大好きです。

 

 

 

 

 

出身地、高山村にある『清水ベーカリー』の牛乳パンがおすすめ

 

 

 

 

 

山崎が語る古川の素顔 基本『オフ』

 

山崎育三郎
山崎育三郎

普段は基本『オフ』です。

 

ずっと『オフ』

 

僕は彼(古川)に『オン』って言われるんです。

 

僕からすれば彼は『オフ』なんです。

 

基本的な雄大は、「今日元気?大丈夫?朝ご飯食べた?」って感じです。

 

先日電話した時も、あまりにも声が暗かったので、「体調悪いの?」

 

雄大「悪くないです悪くないです。別に悪くないです・・・」

と言っている声が悪そうでした。

 

ずっとローテンション⤵︎⤵︎

 

「わあ〜!」って言う彼はほとんど見ないですね。

 

それであの御手洗先生なので、そのギャップがものすごく面白い。

 

御手洗先生で雄大を初めて知った方は、普段の雄大にビックリすると思います。

 

 

 

 

古川雄大
古川雄大

舞台をおりたら誰とも喋らないですね。

 

体力温存って言うか・・・

 

その分、舞台では思いっきり!

 

 

山崎育三郎
山崎育三郎

雄大から食事に誘われたことは1回もないですね。

 

誘っても8割9割断れます。

 

すごい先輩扱いしている割には食事に誘っても来ない!

 

それも魅力です!

 

彼は、自分の世界をすごく持っている。

 

「僕はこうだ」

「僕はこういう風にやりたい」

「こういう風に生きたい」

 

そういうものをすごく持っているので、全部含めて雄大の魅力だと思います。

 

 

古川雄大
古川雄大

お誘い頂いて本当にありがたいんです。

 

次の日もありますし、体力を温存しておきたいんです。

 

行きたくないわけじゃないんです。

 

翌日の稽古がうまく行かなかった時

 

「昨日飲みに行ったからだ!」とそっちのせいにしちゃいそうで・・・

 

そういう理由を断ち切ろうという思いもあって。

 

先輩のお誘いをお断りするのは失礼なことなので、今後は5割にしようかなと・・・

 

 

エール

コロンブスレコードの新人歌手募集オーディションで不合格となったスター御手洗。

意外な形で再登場するらしいですよ。

意外?楽しみですね。

 

 

記事がお役に立ちましたらクリックして頂けると嬉しいです🤗

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました