偏差値35からの東大合格 現役東大生が『学べる漫画』を紹介

トレンド

偏差値35からの東大合格

高校3年時、偏差値35

2浪の末、東大合格した現役東大生西岡壱誠さん。

 

そんな西岡さんが、日テレ『スッキリ』の中で

「学べる漫画」2冊を紹介してくれました。

 

 

西岡 壱誠プロフィール

高校:私立宝仙学園高校卒業
偏差値35とはいえ、まあまあレベルの高い高校のようです。

大学:東京大学文科Ⅱ類経済学部在学中

生年月日:1996年3月13日

出身地:東京(出生地は北海道)

 

 

楽しんで学べる漫画おすすめ2冊

 

漫画はビジュアルで入って来る。

ストーリー仕立てになっている。

教科書読むよりハードルが低く、いろんなものが学べる。

 

東大生は意外と漫画を読んでいる。

漫画でざっくりと歴史の流れを知ることができたので、それが勉強に生きた。

 

漫画という媒体は、絵があってイメージがつきやすいからこそ、勉強にも生かしやすいし勉強の意欲も湧いてくる。

 

 

①『レキアイ!歴史と愛』

偉人たちの教科書には載らない恋愛・夫婦・家族との愛のエピソードが描かれている。

 

 

 

名前と功績ぐらいは知っている。
さらに歴史上の偉人たちについてより深い理解を得られる。

 

 

西岡解説

 

「偉人の人たちってどういうことをやってきたの?」って聞いても

 

返ってくる回答は

「ふ〜ん そうなんだ〜」くらいのもの。

 

人間関係だったり、

こういう恋愛をしてきて、

こういう価値観があったから、

こういうことを考えた!

みたいなことが見えてくると、もっと深く読んでみようとなる。

 

 

例えば1つのエピソードとしてマルティン・ルターを紹介しました。

 

 

マルティン・ルター(ドイツの神学者・修道士)

【教科書の記述】

・95か状の論題を提起(ローマ教会の腐敗を訴える)

・ローマ教会を破門に

・聖書をドイツ語に翻訳、普及活動を行う

・ルターの主張は活版印刷屋版画によって広まり、支持する人々は後にプロテスタント(抗議する人)と呼ばれる宗派に

 

「ふーん」

 

【レキアイの記述】

それでも聖書の教えを伝えようと

布教活動で修道院を訪れた時のこと

 

聖職者は結婚してはいけないというローマ教会のしきたりに疑問を抱いていたルターは、修道女たちに結婚を斡旋。

ここで運命の女性カタリナと出会う。

君はなぜ私と結婚したいんだ?

 

 

 

 

西岡解説

ルターは当時の教会について批判をした。

具体的にどういう批判をしたのか?

どういうことで困っている人が多かったのか?

 

「なるほど」

 

 

 

 

②『薬屋のひとりごと』

理科の実験をのぞき見しているような感覚を得られる作品

 

 

実際に起きる事件やトラブル解決のために「あっ!そうやって使うのね。」
理系の知識をどのように生かしていくのかがわかる。

 

西岡解説

ミステリーの鍵の中に理系の知識が生かされていく。

 

 

漫画で、より学ぶために必要なこと

 

勉強は、距離がある。

遠い所にあるものは、なかなか得ることができない。

漫画で、はじめの一歩を踏み出すことができる。

そこから深まっていく。

漫画を読んだあとで、もう1個本とか教科書とかにアプローチしていくのがいい。

 

 

 

勉強の根幹は、『読む』という行為

 

高校時代、成績がなかなか上がらない西岡さん。

東大に受かった友達とかに

勉強法、普段の生活習慣を聞きまくり

その中で見えて来たことは

『本の読み方』

『授業の聞き方』

姿勢自体が違うと気づいた。

本の読み方が変われば理解が変わる。

 

西岡さんが、読書法をまとめた

著書『東大合格』は

シリーズ累計30万部の大ヒット!

 

 

 

記事がお役に立ちましたらクリックして頂けると嬉しいです🤗

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました