東京五輪世界新で金メダル渡辺一平 リオ五輪で味わった成功と敗北

スポーツ

平泳ぎ五輪記録保持者 渡辺一平

 

🏅オリンピック記録保持者(2分07秒22)

🏅前 世界記録保持者

 

自己ベストタイム 2分06秒67(世界2位記録)

 

初めて2分07秒を切ったのは渡辺一平選手

 

2分06秒を初めて切るのも自分と語っている。

 

 

北島康介さんが後継者としても期待を寄せている。

 

 

生年月日:1997年3月18日(23歳)

 

出身地:大分県津久見市

 

所属:トヨタ自動車

 

 

LDH

 

 

身長193cm

体重:76kg

靴のサイズ30cm

 

渡辺一平
渡辺一平

中学の3年間で30cm伸びました。

 

手も大きんです。

 

指が長いんです。

 

 

 

右側が渡辺さん

 

 

Q:長身が高いことで得したこと、損したことは?

 

渡辺一平
渡辺一平

結構目立ちたがりなので、身長が高いのはオイシイです。(笑)

 

靴を買う時、まず「30cmの靴ありますか?」

あったものの中から選ぶ感じです。

 

電車のドアをいちいちくぐらなければいけないんですよ。

 

あと、つり革が目線の位置にきて邪魔です。

 

2mを目指しています。

 

 

 

大学:早稲田大学スポーツ科学部

 

渡辺一平
渡辺一平

僕が早稲田に来た理由というのが、(瀬戸)大也さんや(中村)克さんや(坂井)聖人さんに憧れて一緒に練習したり寮に入って生活したいと思ったということなので、真似できるところは真似したいです。

 

 

 

渡辺さんは、あまり練習は好きではない。

 

しかし、高校の水泳部の顧問と練習すると毎日楽しく練習が苦にならなかった。

 

そういう心理学も学びたいと思い、早稲田大学スポーツ科学部に入学。

 

早稲田大学という名前もかっこいいので早稲田ボーイになってみたかったと。(笑)

 

 



 

 

武器 肩の柔軟性

 

渡辺一平
渡辺一平

昔から肩はもの凄く柔らかいんです。

 

 

もっとも抵抗が少なくなる体が一直線になる姿勢『ストリームライン』

 

 

この時が一番スピードが出る。

 

速い人はストリームラインの姿勢がいい。

 

ストリームラインからどこが最初に動き始めるかというと『肩』。

 

普通は肩が上にいかないから手をかこうとすると足が下がり、体が上がってしまう。

 

 

 

渡辺さんの場合、水面と平行を維持しつつ肩が動く、抵抗のない姿勢から肩だけが動き始めるので、水をキャッチするときに他の人と差がある。

 

 

 

M字泳法

肩関節が柔らかい渡辺一平選手だからできる

画像引用:こちら

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ゆっくりFormの映像をスローで👀👀👀 #ldhsports

Ippei Watanabe(@ippei_watanabe)がシェアした投稿 –

 

抵抗を減らし、1ストロークで大きく進む。

 

オリンピックメダリスト松田丈志さんは渡辺一平さんについて

ストリームラインに加え、長いリーチと肩関節の柔軟性でより遠くの水をしっかり掴んで1かきでたくさん進むことができる。

天が二物を与えていると言っていいくらい。

 

 



 

北島康介さんに憧れて

 

 

小学2年生のときに水泳を始める。

 

2004年アテネオリンピックで平泳ぎ2冠を達成した北島康介選手。

 

北島康介選手に憧れ、平泳ぎの選手となる。

 

 

・津久見市立津久見小学校

 

・津久見市立第一中学校

 中学2年では第33回全国JOCジュニアオリンピックカップに出場

 

大分県立佐伯鶴城高等学校

 

 

高校時代のお弁当はご飯だけで3合!保冷バッグに入れて持って行っていた。

 

参考
 
おにぎりにすると約9個
画像引用:こちら
 

 

 

2014年ユースオリンピック200m平泳ぎ優勝。

 

高校3年の全国JOCジュニアオリンピックカップ春季では100m・200m平泳ぎの二冠を制覇。最優秀選手として表彰された

 

2016年日本選手権(リオオリンピック代表選考会)では憧れの北島選手と代表権を争い、リオへの切符を獲得。

 

レース直後、渡辺選手は

「豪華なメンバー、北島さんの隣で2位になれて代表権を勝ち取れたのはうれしい。」

 

 

 

 

 

渡辺一平
渡辺一平

あの時もし代表権を獲得できていなければ、今こうやって代表に入るのが当たり前と思っている自分がいるかわからない。

 

あの時オリンピアンになれたことで考え方、立場も変わった。

 

人生を変えられた大会です。

 

 

リオ五輪で味わった成功と敗北

 

200m平泳ぎ準決勝

 

オリンピックレコード(2分07秒22)を更新し、金メダル候補に名乗りをあげる。

 

 

 

 

200m平泳ぎ決勝

 

予選1位通過(2分7秒22)で迎えた決勝。

 

前半出遅れ、最後まで追いつくことは出来ずまさかの6位(2分7秒87)

 

レース直後「悔しい」と。

 

初めてのオリンピックで味わった成功と敗北

 

それによって芽生えた意識の変化

 

オリンピックの半年後の大会で成果があらわれる。

 

2017年1月29日『北島康介杯』で世界新記録更新(2分06秒67)

 

 

 

2018年パンパシフィック200m平泳ぎで金メダル

 

国際大会で初の金メダル

 

世界のトップに躍り出る。

 

レース直後、北島康介さんからエースのバトンを受け継ぐ。

 

 

 



 

リオ五輪を振り返って

 

東京五輪前の今、話せる本音

 

渡辺一平
渡辺一平

リオ五輪の目標が決勝進出だった。

 

準決勝が僕の五輪の目標、そこで決勝に残れるかどうかの。

 

そこに向かって頑張ってきていたので、そこでオリンピックレコードを更新できて目標を達成してしまった。

 

仮に世界新記録を更新したい目標を変えていたらもっと結果は変わったんじゃないかな・・・

 

僕以外の決勝に残っていた7人は金メダルを取ると努力していたと思う。

 

その時点で気持ちは負けていた。

 

仮に金メダルを取っていたら、今もこうやって世界のトップレベルで泳ぎ続けることができていない。

 

その後頑張れていた自信はない。

 

 

ライバル チュプコフ

 

2019年7月 世界水泳選手権で同じ歳のライバル チュプコフ(ロシア)に世界記録を塗り替えられる。

 

1位:チュプコフ(ロシア)2:06.12

2位:Mウイルソン(オーストラリア)2:06.68

3位:渡辺一平(日本)2:06.73

 

 

 

 

 

 

 

 

Q:チュプコフ選手のすごいところは?

 

渡辺一平
渡辺一平

僕は身長が大きくて他の選手よりストローク数が少ない方なんです。

 

チュプコフは、150mまでは僕の50mにつき2〜3かき少ない。

 

チュプコフ選手は、前半は体力温存、後半50mでピッチをあげ上げラストスパートかける。

 

 

 

 

Q:勝つための秘策は?

 

渡辺一平
渡辺一平

前半100mが1分00秒のタイムが100%の力だったのが、110%になると楽になると楽になる。

 

自分は、200mの前半100mは1分01秒〜1分00秒

 

それが楽に入れれば、ラスト50mのラストスパートにも繋がる。

今はスピード強化しているからこそラストスパートの競り合いに勝てるのではないかなと

 

スピード強化(今よりも楽に前半を入れる)

➡︎体力を温存し速く泳ぐ

➡︎ラストスパート

 

 

早稲田大学水泳部 奥野コーチ

「スピード・持久力が優れている。巡航速度(低燃費で効率の良い速度)が速い。手足が長いので大きなストロークで効率よくスピードを出せる。それを研ぎ澄ませるのが強化していくポイントになる。」

 

 



 

 

夢・目標

 

 

 

 

 

 

エイプリールフールです🤣

 

 

 

 

 

渡辺一平
渡辺一平

世界で一番最初に2分05秒台に到達させたい。

 

 

東京五輪世界新で金メダルがカッコいい

 

渡辺一平
渡辺一平

🥇金メダルも!世界記録も!

 

誰よりも水泳という種目を楽しんで、レースを楽しんで表彰台の一番上に立ってやりたい。

 

 

東京五輪に出場する自分へメッセージ

 

渡辺一平
渡辺一平

自信を持ってレースに臨めるように

 

負けた時の理由を作らないように

 

🥇金メダル目指して頑張ってください。

 

金メダル取るからには世界記録をつけたほうが絶対かっこいいと思うのでつけてやってください。

 

そっちの方がかっこいいです。

 

 

 

 

記事がお役に立ちましたらクリックして頂けると嬉しいです🤗

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

 

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました